アカウント制限

アカウント はスマートなルールの集合を構成し、一連の制限の下、アナウンスまたはトランザクションを受信をブロックすることができます。

アカウントの保有者 - マルチシグアカウントの場合は複数 - は後に特定の AccountRestrictionTransaction を発表してアカウント制限を編集できます。

Symbol パブリックネットワークはアカウントに 512 までのアカウント制限と制限タイプを定義できます。このパラメータは ネットワークごとに設定可能 です。

アドレス制限

アカウントは許可した アドレス リストからのトランザクションを 受信だけ するように決定できます。あるいはアカウントはブロックするアドレスのリストを定義できます。

受信トランザクション を制限することはアカウントが既知のアドレスからのトランザクションのみを受信する場合、またはアカウントが未知の送信者からのトランザクションをブロックしたい場合に役立ちます。

../_images/account-restrictions-address.png

アドレス制限ダイアグラム

注釈

許可とブロックの制限は相互に排他的です。つまり、アカウントは制限タイプごとにブロックまたは許可リストを構成することしかできません。

デフォルトでは、制限セットがない場合、ネットワーク内のすべてのアカウントが指定されたアカウントにトランザクションをアナウンスできます。

さらにアカウントは 送信トランザクション にアドレス制限を適用することができ、有効な受信者として許可されるアカウントの制限します。

モザイク制限

アドレス制限のように、アカウントは許可した モザイク が添付されている場合にだけ、受信トランザクションを許可する制限を構成できます。一方で、アカウントはブロックリストにあるモザイクを含んでいるトランザクションを拒否できます。

一般的にアカウントのモザイク制限は、アカウントがそのアクティビティに関連付けられていない モザイクでタグ付けされるのを防ぐ ために使用されます。

操作制限

アカウントは送信トランザクションのアナウンスを 操作タイプ によって許可/ブロックすることができます。そうすることで、セキュリティを向上され、ミスによる意図しないトランザクションのアナウンスを防止されます。

許可された制限タイプ
制限 受信トランザクション 送信トランザクション
アドレス制限 ✔️ ✔️
モザイク制限 ✔️
操作制限 ✔️

スパムトランザクションのブロック

企業は自社製品の品質を証明するためにパブリックチェーンを使用しています。

品質確認プロセスが終了すると、オペレータは 品質シール を製品アカウントに送信します。

最終的な顧客はQRコードを読み取って、製品モザイクを検証します。そのため、会社としては関連するトランザクションだけをを見せたく、それ以外のスパムなどの製品に関係ない情報を避けたいのです。

../_images/account-restrictions-spam.png

スパムトランザクションのブロック

会社は company.quality.seal モザイクだけを受け入れる制限を製品アカウントに構成することにしました。

アカウントのセキュリティ向上

最近 Alice は、メインアカウントを彼女が連署者である マルチシグ アカウントのアグリゲートトランザクションに署名するためだけに使用しています。

一時的な処置として、アリスはメインアカウントからの転送トランザクションのアナウンスを停止することにし、所有している資産が転送されることをダブルチェックしています。

ガイド

次項: モザイク制限