コンセンサス

コンセンサスプロトコルはブロックチェーンシステムが合意形成を行い、意思決定をする動的な方法です。Symbol では、有名な Proof-of-Stake (PoS) プロトコルの修正バージョンである Proof-of-Stake Plus と呼ばれる革新的なメカニズムを利用します。

基本の Proof of Stake コンセンサスアルゴリズムでは、ブロックチェーン内における後続ブロック形成は、関係者の資産に関連する要因の組み合わせによって重み付けされた、ブロックチェーンのコイン保有ステークホルダーへ確率的に割り当てられます。PoS+ プロトコルはアカウントの利害も考慮しますが、参加者の活動に基づいて参加者に報酬を与えることにより、生態系の健康を促進するように設計されています。

要因

このアルゴリズムはエコシステム健全性の観点を改善するために以下の要因を考慮します:

  • Stake: 保有している ハーベスティングモザイク の総量。より大きい残高の保有者はエコシステムが繁栄するのを見るためにインセンティブを持ちます。
  • Transactions: アカウントが支払った手数料の合計量。ネットワーク上でアクティブなアカウントになることが奨励されます。
  • Nodes: アカウントがブロックの受益者である回数。ネットワークを安全に保つため、ネットワークはノードを実行しているアクティブなアカウントへインセンティブを与えます。

すべての高価値アカウントはこれら 3 つの要素に基づいて インポータンススコア を受け取り、それがブロックを ハーベスト する確率を決定します。

スコア

ネットワークは各要因をすべての高価値アカウントに対して以下のサブスコアを計算します:

  • Stake Score (S`): 時間 P におけるすべての高価値アカウントの実効残高の割合
  • Transaction Score (T`): 期間 P-1 から P までのすべての高価値アカウントにおける合計トランザクション手数料の割合
  • Node Score (N`): P-1 から P までの全ブロックにおける受益者合計の割合

制約

各ネットワークはカスタムコンセンサスアルゴリズム 定数 を定義できます。

制約 説明
a 0.05 活動スコアのネットワーク全体の貢献
p 10000 活動スコアから段階的にフェーズアウトを調整するための定数
t 0.8 トランザクションスコア乗数
n 0.2 ノードスコア乗数

算出

インポータンスはアカウントごとに次の方法で計算できます:

\[(1 - a) * (S') + a * || p / (S') * (t * (T') + n * (N')) ||\]

トランザクションスコアとノードスコアの組み合わせはステークスコアが低い場合に乗数効果があります。逆に、ステークスコアが高い場合に乗数効果は重要ではありません。

次項: ハーベスティング