テストネットノードの立ち上げ

このガイドでは Symbol の パブリックテストネットワーク へ参加するために、ノードをセットアップする方法を説明します。

テストネットワークは将来のパブリックメインネットワークと同じテクノロジーと機能を反映しています。テストネットを実験的に使用することで Symbol が提供するトランザクションセットを試すことができます。

注釈

このネットワークはテスト目的で広く使用されているため 予告なく変更される 場合があります。プライベート環境のネットワークで作業するには 学習および開発用のローカルネットワーク をインストールしてください。

ネットワークを実行するため、 Symbol Bootstrap パッケージを使用します。このパッケージの動作をより理解するために Symbol Bootstrap の使用 ガイドを読むことを推奨します。

Hardware requirements

Running a blockchain node is very demanding in terms of disk space, memory and CPU requirements. Failure to meet the following minimum requirements will produce a node that will struggle to keep up with the rest of the network. The global blockchain will not be affected but the node will rarely be eligible to collect any node rewards.

注釈

It is strongly recommended to use dedicated CPU and RAM. When they are shared (as is the case on some Virtual Server providers) performance is heavily impacted.

Minimum node specifications
Requirement Peer node API node Dual & Voting node
CPU 2 cores 4 cores 4 cores
RAM 8GB 16GB 16GB
Disk size 500 GB 750 GB 750 GB
Disk speed 1500 IOPS SSD 1500 IOPS SSD 1500 IOPS SSD

The following table shows the recommended requirements. Using these will provide a much smoother experience and provide a certain degree of future proofing.

Recommended node specifications
Requirement Peer node API node Dual & Voting node
CPU 4 cores 8 cores 8 cores
RAM 16GB 32GB 32GB
Disk size 500 GB 750 GB 750 GB
Disk speed 1500 IOPS SSD 1500 IOPS SSD 1500 IOPS SSD

testnet プリセット

Symbol Bootstrap には、現在のパブリックテストネットワーク (testnet) に接続するノードをインスタンス化する testnet のプリセットがあります。このノード機能は assembly オプションで選択されます。

peer ノードの作成:

Peer ノードharvester ノードとも呼ばれ、ネットワークの大黒柱です。主にトランザクションを検証して、ブロックチェーンに新しいブロックを追加し、その過程で手数料を徴収します。

symbol-bootstrap start -p testnet -a peer

API ノードの作成:

API ノード は REST API を介して、外部からのアクセスを提供します。

symbol-bootstrap start -p testnet -a api

ノードが立ち上がっていて、実行されていることを確認するために、新しいブラウザタブを開いて localhost:3000/chain/info にアクセスしてください。API ノードからのレスポンスを得ることができるはずです。

API ノードは Peer ノードよりも多くのメモリとストレージを必要とします。もしメモリやストレージに制約がある場合は、Peer ノードを変わりに起動することを推奨します。

dual ノードの作成:

デュアルノードは PeerAPI ノードの両方の機能を提供します。

symbol-bootstrap start -p testnet -a dual

ノードの立ち上げ

symbol-bootstrap start を実行するだけです。上記のコマンドのいずれかを使用して Symbol ノードをインスタンス化して起動します。 シャットダウンは Ctrl+C で行います。

または、デタッチモード (--detached) で開始して、バックグラウンドで実行することもできます。

ノードアカウントの取得

今あなたが作成したノードには、ノードと疎通するための Symbol アカウントが関連付けられています。たとえば、ノードがトランザクションを発行できるように、ノードに資金を提供するにはこのアカウントが必要です。

アカウントの鍵とアドレスは target フォルダ内の YAML ファイルから取得できます:

target/addresses.yml

例:

networkType: 152
nemesisGenerationHashSeed: 1082491EFE93AA7DAC6D0282634953DB8B5FDDAE669237B030695A9F308883D5
nodes:
    -
        name: peer-node-0
        friendlyName: peer-node-0
        roles: 'Peer,Voting'
        main:
            # Use these to access the node's account
            privateKey: ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
            publicKey: E8A918BD78C0D9CFA8D0B53BB721E62925ACB4BF92068533A3D94210D01E1D39
            address: TBMXGFREJRVWJY756BVHLJAHZCOP3BW53ALFYOY
        transport:
            # Use these in Delegated Harvesting requests
            privateKey: ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
            publicKey: 7C63AF4CECE2690944FAFE3D9D52EB400447F30CCAC185BC9BE5D54CF536DDE3
            address: TBTRVMCJ7TEZNCV74IX3INJHGAOLMQOU2JQEX7Y
        remote:
            privateKey: ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
            publicKey: 6B1936560F85096E398AAF4647EADB6C748100E6D248D98B2916F003B806E725
            address: TDN3G4REJA7BWDQ2TLB3M522RAYKV5AB55EEPGQ
        voting:
            privateKey: ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
            publicKey: E97B99E7EDE0738CBE2C3BB13F3B0EEB8A361FAAD51271887D12389F1AEEF4EC
            address: TBBK644JF2XMW35A7BUG6SADTLHAQ2M2KO7O2FQ
        vrf:
            privateKey: ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
            publicKey: B304E6F9650CFFA52C6DC51CED29397F6C50F1E2F9AC34993549E0E3E4461027
            address: TABWAGQNSI4AWPE3IVGS53CQWAN5BYRM5BHMNFA

注釈

シークレットキーは常に秘密を保ってください!

main セクションの情報でノードのアカウントにアクセスします。 delegated harvesting をアクティブ化するときは transport セクションの情報をノードの 公開 TLS キー として使用します。

資産をノードへ提供する

ノードがハーベスティングまたは投票 (以下を参照) を開始する前に 最小資産 が必要です。 testnet テスト環境では Symbol の Faucet を使用して資産を調達できます。

faucet に移動して、ノードのアカウントの アドレス と必要な量 symbol.xym を入力し、CLAIM をクリックします。

リクエストは最初に 未確認 (保留中) になり、数秒後に 承認済み になるでしょう。これでノードに資産が提供され、操作する準備が整いました。

ノードのプロパティ設定

ノードプロパティの設定 ガイドに従って、ノードのパブリック名などのパラメータを変更します。

テストネットワークと疎通する

次のツールを使用して、新しいノードの機能をテストできます:

Symbol についての学習を続けるために 他のガイド もチ​​ェックしてみてください!